ポイントサイト管理システム win

不正利用者対策
ポイントサイト管理システム win は、ユーザーの不正利用を監視し、優良なユーザー様とサイト様の利益を守るための様々な機能を備えています。


INDEX

1.パスワード変更の強制
他人のアカウントへの不正アクセスを防止するための機能として、定期的または指定日にユーザーパスワードの変更を促すことが出来ます。 前回のパスワード変更から指定日数が経過した場合、管理者によって緊急に指定日以降のパスワード変更設定が行なわれた場合、必ずパスワード変更画面が表示されます。
この機能設定が有効で、パスワード変更時期に該当する場合は、ユーザーログイン時にパスワード変更フォームを表示し、変更が行なわれるまで他のコンテンツページに移動することが出来ません。 サイト管理者側では、旧パスワードの復号は出来ず、必ずユーザーによるパスワード変更が必要となります。

2.アカウントロックアウト機能
アカウントロックアウト機能は、ユーザー認証時に、一定時間内のログイン失敗回数が基準値を越えた場合は、(存在する場合は)そのアカウントを使用禁止、更に同一のアクセスを一定時間遮断する機能です。
管理者がロックアウトを解除することは出来ません。

3.ブラックリスト機能
ブラックリスト機能は、退会前のサイト利用に不正があったと思われる過去の利用者や、管理者権限によって退会処理とした利用者について、再度サイトの利用を望まない場合に、サイト管理者の判断によって指定しブラックリスト化することで、同一情報データを持つ利用者のコンテンツ利用が制限される不正防止のための機能です。

4.ユーザー行動履歴
サイトユーザーの重要な行動(情報更新・退会等)を記録し、入退会を繰り返す不正な行為などを監視します。 不審な退会者について、再度サイトの利用を希望しない場合は、ブラックリストに指定することが出来ます。

5.アクセスブロック履歴
会員やビジターによって不正なアクセスが行なわれた場合で、システムが想定するサイト運用に悪影響のある事象については、アクセスをブロックしデータの記録が行なわれます。 サイトの管理者は、ユーザー行動履歴とこのメニューから不正利用者の監視を行なうことが出来ます。
Copyright © 2005-2018 Cinderella Drive, Inc. All Rights Reserved.